「写真カフェ」

撮影オフ会

 

A  Ando Naohiro

    Ando Akiko

    Arizono Mai

 

E  Ebina Kiyoshi

 

F  Fujii Tomiko

 

G  Gomi Masako

 

H    Hirayama Tomoko

    Hori Megumi

    Horikawa Tomomi

 

I   Ibaraki Ichirou

    Ibaraki Tomoko

 

K  Kanazawa Susumu

    Kanenaga Miho

       Kashiwabara Kumiko

    Kawahara Yuriko

       Kawamura Chiharu

    Kimura Akira

    Kouno Atsuko

    Kozuka Daisuke

    Kozuka Terumi

    Kushimoto Yoko

 

M   Matsumoto Shunji

    Miyamoto Fumiyo

    Miyauchi Yoshikazu

    Mizoguchi Ayuka

    Mizoguchi Hidetsugu

    Mizoguchi Naoko

 

N    Nagahori Seiko

    Nagahori Tomokazu

    Nakajima Shigeru

    Nakada Minoru

    Nozaki Chiemi

 

O    Oda Minoru

    Okuyama Hiroki

 

S    Sakamoto Jyunichi

    Shouji Kumiko

    Shouji Masato

 

T  Takada Masahiko

    Takahashi Yuka

    Tateishi Masayuki

    Teragaki Yoshiko

    Tomioka Ryouichi

 

U    Ueda Mariko

        Ueda Mitsuhiro

 

W   Watanabe Hidemasa

    Watanabe Kazuo

 

Y  Yamazaki Emiko

    Yoshino Tomomi

    Yoshida Miharu

 

 

メニュー

トップページ

Newオフ会アーカイブ vol.6

第21回 チームラボ ボーダレス

お台場

 

オフ会アーカイブ vol.6

▶︎ 第20回 代々木公園(2018/11/24)

第21回 チームラボ ボーダレスお台場(2019/5/18)

 昨年の代々木公園での撮影会から半年ぶりにみなさんが集まりました。今回の撮影スポットは、「チームラボボーダレスお台場」。

 広大な会場には境界のないアート作品が広がっていました。アートは動き、光り、瞬き、眼前に飛び出し、驚きの連続でした。創造されたこの幻想的な世界に浸りながらカメラに収められているみなさんの姿がとても印象的でした。

 今回、川村さん、富岡さんが初参加され、また新たな繋がりが広がりました。

 素敵な企画を用意していただきました奥山さん、ありがとうございました。

 次回のオフ会も楽しみです。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

フォトへのコメントはこちら(Facebookにログインしてからどうぞ)

「仲良し4人組、それとも8人組?」

高校生くらいの女性4人が、鏡の前で記念撮影してました。

鏡に映った姿を合わせると8人に見えるのが面白いと思い撮影しました。。

 

撮影:渡辺 英政

「名瀑のすべり台」

滝の流れに見立てたところに座るこども、あたかも岩場をすべり台として遊んでいるように見えました。

 

 

撮影:渡辺 英政

「運動の森」

チームラボの紹介の写真に使えそうな雰囲気なので、タイトルもそのまんまにしました。笑。

 

 

撮影:中嶋 茂

「森羅万象」

自然のターンオーバーを意識した一枚です。森が燃え、水が火を鎮め、新たな芽吹きがおこる。

そんなストーリーを思い描きながら撮りました。

 

 

撮影:富岡 了一

「全てはその手から」

黒闇にかざした手から幾重もの色が織りなすアンサンブルをパシャり。

美しくも怪しい、魔女の魔法のようなファンタジーさを表した一枚です。

 

 

撮影:富岡 了一

「別世界への入り口」

スマホの中が現実?スマホの外が現実?

境界が曖昧になっていく空間。

 

 

撮影:奥山 裕生

「多重露光でシルエット」

影さえも、リアルなのかフェイクなのか?

影を凌駕する光の雨。

 

撮影:奥山 裕生

「エネルギー」

一番広いこのスペースは、人や光、全てのエネルギーを集めつくす空間。

 

撮影:高野 敦子

「回廊」

鏡のマジックは無限に続く回廊を生み

発想もまた無限にあるのだと教える。

 

撮影:高野 敦子

「どこまでも」

限りなく広がるランタンの世界。

足元が竦みそうな、不思議空間でした。

 

撮影:溝口 直子

「万華鏡効果」

鏡をふんだんに使った場内は、まるで巨大な万華鏡の中に放り込まれてしまったよう。

鏡面の角で左右対称に映し出されるヒマワリは奥から溢れて出るような勢いでした。

 

撮影:溝口 直子

「花鳥風月」

浮かび上がる墨絵の世界に揺らぐ蝶々、蛍の光。

吸い込まれそうな心地よい空間。つい手を伸ばして触れたくなる瞬間。

 

撮影:溝口 英嗣

「気圧」

進む方向から満ちあふれて迫る光の魂。

あまりの豪華さに気圧される。

撮影:溝口 英嗣

「足下に広がる景色」

床まで鏡張りの部屋。

カメラを動かさず多重露光で撮りましたが、人が動いてくれたお陰でシルエットと丸ボケが重なりました。

 

撮影:吉田 美春

「光の中で」

光の雨の中に佇む人達。こちらも丸ボケを重ねました。やや曇ったような写りになりました。

 

撮影:吉田 美春

「ボール遊び」

光るボールが可愛く、明るくピントが合わせやすいのでカメラを構えていたら…

小さなお子ちゃまがいい感じにモデルさんになってくれました(^^)。

 

撮影:川村 智春

「夢の中」

咲き乱れる映像の空間に降りたった自分。

少し宙に浮く感じが不思議な感覚でした。

 

撮影:川村 智春

「童心にかえって」

面白さで選びました。

 

撮影:寺垣 佳子

「平和に安寧にLOVE!」

 

撮影:柏原 久美子

「JUMP!」

 

撮影:柏原 久美子

「楽しい時間」

 

撮影:金長 未穂

「躍動」

動くデジタル作品の撮影は、なかなか難しかったです。

作品自体の解像度が粗いので、ピントを合わせても静止画にするとボケた写真になってしまいます。

2つの写真は、動いている作品の躍動感が伝わりそうなものを選びました。

 

撮影:坂本 淳一